トラブルの防止

トラブルを防ぐには?

これらの問題を少しでも少なくすることが、居住者の大きな課題と言えますが、
たとえマナーが原因の問題といえども、解消するのが難しいケースは多々あります。
特に音の問題は難しいもの。上下階や隣戸の音が気になるかどうかは個人差があるからです。
静かな一戸建てからマンションに移り住んだ人は、小さな音でも非常に気になるものでしょう。

マンションの防音性能そのものが、実際に住んでみるまで分からないということも、トラブル解消を難しくする原因のひとつです。
戸境壁や天井、床の防音遮音性能が高くても、構造体や配管スペースなどから音が伝わるケースは実際にあります。
事例はコチラ→

音に対して非常に敏感な人には、マンション住まいは向かないのかもしれません。
むしろ、共同生活の場であることを認識し、多少の生活音には目(耳?)をつぶるくらいの気持ちでいるほうがよいのではないでしょうか。

よく誤解されるのですが、バルコニー、アルミサッシ、窓ガラス、網戸、玄関ドア
も共用部分です。勝手に取り替えることはできません。色の塗り替えも自由には行な
えません。別棟の集会室などは独立した建物であるため、本来、専有部分として登記
が可能ですが、規約で共用部分とすることができます。

多いのが管理運営上の問題。修繕のための徴用負担、管理我や駐車場代、修繕穂立金等の滞納など、お金に関するトラブルです。
続いて近隣の問題で、電波障害、日照権、プライバシーの問題などがあります。
また上記以外にも、管理組合の運営に関する問題や、管理会社とのトラブルなど、多くのトラブルが日々の生活のなかで発生しています。

DM176_L