マンションと一戸建て

田舎の一戸建て事務所併設に住んでいます。老後となると自嬢に直接触れることのできる空間(土がある)に住みたいと思いますし、
建物もいずれ寿命がきますので自分の意思で必要な時期に手を入れたり、建て替えできるほうがいいと思いますので二戸建てを選択します。
櫛造や外装に関して、維持管理の面倒臭さは多いと思いますけど。

私は一戸建てです。なぜならマンションはひとつの建物に共同で生活するわけです。
みんなで話し合って建物の管理などをしなくてはいけませんし、多くの決まり事のなかで生活しなくてはなりません。
また、壁を隔ててお隣がありますからなるべく音を出さないとかいろいろと気を遺う事が多く、なんでも自分で決めたい自分としては向いてないからです。

先の超高層の問題ですが、実際に停電や災害などを考えると超高層を住居とすることには強く反対します。
少なくとも現在つくられている超高層マンションは、住環境がよいという利点よりも、
土地価格や分譲価格から、建築基準法の許す限りの効率をとったひとつの回答にしかすぎないと思います。
純粋に良好な住環境を考えたときには、集合住宅であればやはり低層にならざる得ないのではと思います。
自分が高齢化した場合ですが、溌近でてきているようなコーポラティブのマンションであれば選択の余地はあるかと思います。
しかしながら、高齢化してから分譲マンションを購入する気にはなれませんね。
マンションと一戸建ての違いについてここ→でいろいろ調べました。

DM144_L