マンションの維持管理

マンションも維持管理が大切で、全部委託方式のようにお金で監理を買うよりも、自主管理、あるいは自力管理のように、
自主性をもった運営をしていくとコミュニティも必要に応じてつくられますよね。昔の向う三軒両隣みたいな関係でしょうか。

神戸の震災で間覚めて、別にマンションのコンサルタントもしていますが、管理組合の一番の悩みは問題意識の共有です。
これはマンションだから、共有部分のある建物だからということですが、無関心・無責任にならないことで、
逆に戸建ての両隣より親密な関係が生まれるような気がします。
超高層のような大きな規模のマンションでは意識の共有がなかなか難しいと思いますので一概に言えませんが、
マンションのよさというのはソフト面では共同から協伽。みんなで汗を流せば楽しいマンションライフということかも知れませんね。
「隣近所との付き合いのわずらわしさがない」ということでマンションを購入される方も多いと思いますが、ぜひ、協働参加して欲しいと思います。
マンション購入前に→は読んでおいた方がいいですよ。

将来の住まい方のこだわりによってマンション派だったり戸建派だったりする。
これらを踏まえて考えることは大切なのですね。さて、マンションではデベロッパーという建築主がいるわけですが、
設計や工事監理は誰が行なっているのでしょうか?また、施行者はどのように決められているのでしょうか?

DM151_L