マンション法

一つの建物を複数の所有者が使用する際の取り決めが区分所有法です。
マンションに住まううえで最も大切な法律といえます。

マンション法、正式名称「建物の区分所有等に関する法律(略称・区分所有法と
は、元々はマンション専用の法律ではありません。1棟の建物のなかの、構造上独立
して使用可能な部分が、おのおの所有権の対象となることを認めた法律ですが、住居
に限らず店舗、事務所、倉庫などにも適用されています。
区分所有法の施行以前、1棟の建物には、ひとつの所有権が存在するのみでしたが、
建物の中高層化と大規模化にともない、部分的な所有を求める動きがあることと、新
たな不動産の流通を図る意味から、区分所有という考え方が生まれました。
区分所有法は1962年の創設以来、1983年、2002年とマンションの実状
にあわせて改正されてきましたが、現在においてもマンション専用の法律でないため、
マンション独自の法律である「マンション管理適正化法(マンションの管理の適正化の推進に関する法律)」や、
「マンション建替え円滑化法(マンションの建替えの円滑化等に関する法律)」などによって補完されています。
私はここ>>で詳しい事をしりました。

専有部分と共用部分
区分所有される部分は、原則として四方が完全に区画されており、区画する材質は
木材、コンクリート、ガラスなどの、ある程度永続的に区画されるものとなります。その区分を「専有部分」といいます。
それに対し、1棟の建物のそれ以外の部分、エントランスや廊下、外壁、屋上などを「共用部分」といいます。

DM098_L